身元保証に関すること

高齢者がさまざまなシーンで身元保証人が必要な理由

日本は医療技術の進歩や衛生水準の質の高さ、治安の良さでも世界の中でトップクラスを誇っています。

それらのことも大きな要因となり、日本は世界において有数の長寿大国になっています。長生きできることは非常に良いことですが、寿命と健康年齢の乖離が問題かされており、健康な身体の状態で年を重ねていけるように、国の方針としても健康年齢の重要性が注目されるようになっています。核家族化や少子化がますます進んでいる日本においては、高齢者の単独世帯や夫婦二人世帯の数も増加傾向にあります。

近くに子どもなど頼りに出来る身内が住んでいないだけでなく、離婚などさまざまな原因で頼れる身寄りがおらずに生活している高齢の人も少なくないのです。現代社会においては、賃貸契約を結ぶ際でも高齢者が介護サービスを利用する場合においても身元保証人を求められる場合が少なくありません。

特に高齢者においてはさまざまなシーンにおいて身元保証人がいなければ契約を締結できない場合が多く、何かしらのサービスを利用したい時に身寄りがいない為に、身動きが取れないケースも少なからずあるのです。高齢者に身元保証人が求められる理由としては、やはり高齢であるが故のさまざまな責任能力に対して補填すべき存在が必要になる点が挙げられます。賃貸契約にしても介護施設の入所契約にしても、例えば家賃や利用料の支払いが困難になった場合にその責務を共同で負う保証人の存在は欠かせません。

必要時に身元引受人になる役割を求められる身元保証人がいなければ、さらに年を重ねていく高齢者との契約はリスクが多くなります。また、その反面身元保証人の存在は高齢の人々の権利を保護する役割もあります。高齢になると心身機能の低下により物事の判断や意志決定が困難になる場合もあります。そのような状況下で不利益を被ることがないように、確認し見守る役割としても存在しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です