身元保証に関すること

身元保証人が必要な場合が多い高齢者

人間も年齢を重ねて高齢者になると、社会生活の様々な場面で身元保証人が必然な場面が出てきます。

高齢者となってから、アパートなどを賃貸しようとする際などにも、高齢夫婦だけの場合、収入の面から不安視され、互いが保証人となることが出来ずに借りることが出来ないことがあります。また、高齢者施設への入所の際にも身元保証人が居ないと入所することが難しいという現実があります。

社会的に安定した収入を今後確保して行くことが難しいと判断されてしまうことの多い高齢者や、子供や孫のような血縁者が存在していない独居老人が施設に入所するのはとても難しいことです。その老人の終末期のことや、遺産の管理のこと、それまで生活してきた住居の後始末のことなど、独居老人が単独で判断するには困難な問題が山積しているため、施設側としても身元保証人が居ない場合には受け入れることを留保してしまいます。

国策としてはこのような独居高齢者への支援の方法として、地域の支援包括センターがあります。それまで生活して来た地域で、ケアマネージャーに担当者となってもらい、今後の生活の相談に乗ってもらったり、介護保険を活用した活動のプランを立ててもらったり、多くの場面で大切な支援者となってくれます。

資産がある方の場合は、相続などの件について適切な窓口を紹介してくれたり、成年後見人制度を利用して財産を管理してもらうようにアドバイスをしたり、高齢者の身元保証人の相談などにも応じてくれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です