身元保証に関すること

高齢者向けの身元保証サービスを利用しよう

高齢になると賃貸物件を借りるときに、身元保証人がいなければ断られることが増えています。

高齢者は若い人に比べると、体調が悪くなったり孤独死をする可能性が高くなるので、その際の手続きや費用はオーナー側が負担をしなければなりません。そのため貸すリスクを抑えるためにも、高齢者に物件を貸すことを嫌がるオーナーが増えています。

また賃貸物件に限らず、病院に入院をしたり介護施設に入所するときにも身元保証人は必要になります。仕事をして生計をたてている人であれば身元保証人になることができますが、年金しか収入がない年金生活者の場合は家族であっても保証人になれない場合があります。

保証人を探しても、独身であったり伴侶に先立たれる、子供がいないという場合には見つけられないことも少なくありません。昔と違って親戚付き合いも希薄になっていますから、保証人になることを頼みづらい傾向も増えています。

そんな時は高齢者向けの身元保証サービスを利用するという方法があります。サービスを契約するときにはお金がかかりますが、身元保証もしてもらうことができますし、緊急時には家族のように駆けつけてくれるサービスも提供しています。

身よりがない場合には、死後の行政手続きにも不安を感じることがありますが、家や家財の処分もサポートをしてくれたり、葬儀や納骨に関しても代行をしてくれるサービスがあります。社会の変化から家族の成り立ちも変わってきているので、安心して老後を過ごせるように必要なサービスを適切に利用すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です