身元保証に関すること

高齢者が身元保証人を必要とする理由とは

世界においても有数の長寿国であり、超高齢化社会に突入した日本においては人口に占める高齢者の割合は増加し続けています。

一昔前の時代のように何世帯もの家族が一家で同居したり、近隣に親戚が数多く存在してた家族形態は大きな変貌を遂げ、核家族化による高齢者の単独世帯や夫婦のみ世帯も増加し続けています。平均寿命と健康寿命の乖離が社会問題として取り上げられているように、高齢になって日常生活に支障を来して何かしらの介護や支援を必要とする人々は増えているのです。

高齢者が介護保険サービスなどを利用して介護施設に入所したり、在宅サービスなどの利用を行う時には身元保証人を求められることがほとんどです。同居していない場合でも子どもや親戚などで身元保証人として契約時にその名前を記載して確認されるのです。

身元保証人の役割としては利用料などの支払いが遅れた場合には支払いの債務を連帯して負う立場でもあり、緊急時などの連絡先としてもその役割を求められます。高齢者の心身状態は例え健康的に問題が無くても急変する可能性は少なくありません。

ケガや急病が起きた場合などの報告先や身元引き受け人の立場としても動く必要があるのです。身元引受人はサービス受ける人の連帯債務を負うだけでなく、高齢者自身の権利を守る立場でもあります。

高齢になって認知力の低下などが見受けられるようになると、不利益を被らない判断が難しくなる場合もあります。そのような場合にも契約者の利益を守るために公平性を持った判断を下せる立場の人として、サービスが問題なく遂行されているかを確認する役割も持っているのです。

高齢者の身元保証についてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です