身元保証に関すること

高齢者に対する身元保証サービスが必要なケース

以前は身寄りがいない、もしくは関係を絶っているケースでも自治体の首長が同意すれば老人ホームなどに入居できる首長同意がありました。

しかしこれが廃止され当面は移行期間として認められてきましたが、現在は認められていません。現在入居したい人はそれが求められるのに、首長同意があった時に入居した人は何の問題もないという状況を生んでいます。高齢者に対する身元保証は新しく入院や入居を余儀なくされた時に必要です。

また家族の代わりに高齢者の身元保証を専用の会社が引き受けるケースもあります。費用負担を遠方に住む家族がする代わりに身元保証の会社に高齢者の生活支援をしてほしいケースです。毎週電話で在宅確認を行い、トラブルに見舞われればすぐに駆けつけるシステムがあるため遠方に住む家族も安心です。

まだ介護は必要なくても、突然倒れられてすぐには駆けつけられない状況はどこでもあり得ます。緊急連絡先に設定してもらい、何かあったら業者から連絡を受ける形にすれば確実です。身寄りのない人だけが利用するサービスではなく、例えば息子などが海外にいてどうしようもできない時に利用できます。

こうした保証がなければ入院も入居もできない施設は大多数に及び、国の指導があってもなかなか改善されません。遠方に家族がいてすぐに手続きができない場合もあります。そうした時に高齢者の身元保証サービスは必要であり、ある程度の費用負担が求められたとしてもそれで得られる安心は計り知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です