身元保証に関すること

高齢者の入居入所の際の身元保証

高齢者が病院や介護付き老人ホームなどに入居する際に身元保証人を求めることがほとんどですが、一人暮らしの高齢者が多くなるにつれて、身元保証人を立てることができないために入居や入所を断られるケースも多くなってきており、一つの社会問題となっています。

身元保証というのは、どちらかというと本人が何らかお金を払う義務がありながら払えなくなった場合とか、本人が起こしてしまったことによる損害賠償のお金を払えない場合に、本人に代わって支払うということが主な内容になります。

それだけであれば、一人暮らしの高齢者でも、それなりの蓄財や年金で支払うことができれば問題ないということになりますが、病院や老人ホームではそれだけで済まないことがあります。身柄の引き取りとか居室の明け渡し、緊急の連絡先、入院計画やケアプランへの同意、医療行為への同意、そして遺体や遺品の引き取りと続くのです。

最後の方のことが、病院や老人ホームに取って大きな問題であり、だから身元保証人がいない人は引き受けたくないということに繋がります。成年後見人制度というのもありますが、趣旨が違うこともあって、これ使うのも難しい点があります。

こうしたことから特定の市区町村では、こうした高齢者をサポートする制度を立ち上げはじめましたし、NPO法人や公益財団法人などで身元保証を引き受けるサービスを展開するところも出てきています。しかし、必要性はますます高くなる方向にあるので、社会全体で解決することが望まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です