身元保証に関すること

高齢者住宅入居に必要な身元保証人がいない時の対処法

老人ホームなどの高齢者向け住宅へ入居する際、ほとんどの施設で身元保証人が必要となります。

高齢者住宅財団が調査した結果でも、およそ8割の高齢者向け住宅で保証人や引受人が必須とされています。一般的にこのような場合、家族が身元保証人となることがほとんどですが、高齢になると頼れる身内がいなかったり、いても疎遠であったり、遠方に住むため頼むことができない、相手も高齢のため保証人になれない、ということが珍しくありません。

またこれまで保証人になってもらっていた方が亡くなってしまい、新たに保証人が必要となることもあるのです。さらに昨今は、少子化や未婚率の上昇から一人暮らしをする方も増えており、身元保証をお願いできる家族がいないという方ケースも珍しくなく、将来的にもこうした方がさらに増加すると予想されています。

では、このように高齢者の身元保証人がいない場合、どうしたらいいのかというと、まず考えられる対処法とし保証人がいらない施設を入所先として選ぶという選択肢があります。現在はまだこうした施設は少ないですが、先述したように今後、こうしたケースが増加すると考えられるため、大手の住宅会社では保証人不要の賃貸契約保証制度などを導入しているところもあります。

また身元保証人相談可とする施設では、入居契約の際に保証人の代行支援を行っている企業や団体などを紹介しているところもあります。高齢者住宅財団でも家賃保証や入居サポートなどを行う高齢者家賃債務保証制度などを設けていますので、入居できないと諦めてしまうよりも、まず相談をしてみると酔いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です