身元保証に関すること

高齢者の身元保証が問題になるとき

高齢者の身元保証について問題になることがあり特に住居を借りる際に大家側が嫌がるケースが散見されます。

このとき他の項目を満たしている場合などは入居について可能になる場合があるため、入居を希望する側も事前に情報収集を行うことが大事です。最近では毎月一定の手数料を支払う代わりに高齢者の身元保証などの代行を行う場合があります。家賃額などから一定額を算出しその額を家賃と一緒に支払うことで保証の代行とするわけです。

家族がいない場合でもこうした方法が選択出来る場合がありますが、このとき注意をするべき点として一定額の毎月の収入が見込めることが最低限必須となり得ます。老齢年金でもよいですしあるいはまだ働いている場合にはその収入と年金収入とで対応できるという判断も成り立ちます。

高齢者であっても身元保証とその家賃等の収入に関する保証さえ出来れば空き家がでるよりははるかによいと考える大家もいます。ただし多病等で入院を要する場合などは年間契約ではなく月極あるいはウィークリーマンション等の利用を行う方法もあります。

この場合は先払いになるケースがあり収入を確保した上での賃貸契約です。高齢者であっても身元保証などは求めない場合もあり得ます。ただ一般的には高齢者の場合には身元保証を求められることがよくある他に、年収が分かる書類などの提出を求められるのが一般的ですので、入居申込時などにはその対応を考えて行動をする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です