身元保証に関すること

高齢者の身元保証をする会社

近年核家族も増えており、独居の高齢者も増加の一途をたどっています。

高齢者の独居暮らしは気楽に感じる反面、様々なリスクが伴います。介護が必要になった時、介護関連施設に入所したり医療機関に入院することになった場合、連帯保証人や身元保証人が必要になります。家族と疎遠になっている場合も多く、入所や入院に際しては、身元保証人が大きな障害になることも多いのは事実です。

高齢者の身元保証をしてくれる会社に保証人を依頼することが便利ではあるのですが、悪徳な業者も残念ながら多いようです。詐欺まがいな業者もあり、保証会社に依頼を希望する場合は日ごろから情報を集めてしっかりとした業務をおこなっている会社を定めておく必要があります。

司法書士や弁護士、ファイナンシャルプランナーなどが中心になって展開している会社もあります。またそのサービス内容も様々で、日常のサポートから葬儀にまつわること、遺言に関することまで必要に応じてサービスを提供している会社もあります。親のことが心配という家族にとっては日常生活の中で異変はないか確認する方法を実施するサービスもあります。

高齢化社会になり、平均寿命も85歳をこえました。長寿社会となっても高齢者が健康に過ごせるとは限りません。認知症の問題も大きくクローズアップされていますが、残念ながら認知症の高齢者との契約は難しくなってきます。

そのような場合は成年後見人制度が活用されることになるでしょうが、いずれにしろ利用料は安価ではありません。もし、身元保証を業者に依頼したいと考えているのなら心身ともに健康な時に情報収集をし、説明を聞いておくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です