身元保証に関すること

医療機関受診時等における高齢者の身元保証

病院などで特に入院加療を要する場合、通常は高齢者の場合はその家族などに身元保証を依頼します。

このとき対象者が独居などでなかなか近隣に家族がいない場合あるいはそもそも家族が存在しない場合などは、その扱いについて困るケースがあります。高齢者の身元保証ではたとえばかつての勤務先などが代わりに行うケースもまれではありますがないわけではありません。

ただし余程その組織にあって貢献をしてきたようなたとえば代表取締役だった場合などに限られます。さらにすでに現役をリタイアしていたような場合では対応しないことも多く、結果的に取り扱い対応に困ることもしばしばです。

特殊な事例を除いて一般的に高齢者の身元保証はその近親者や同居する家族などが行います。遠方などで対応が厳しい場合には書類などを郵送し万が一のときや緊急に連絡を要するときに備えるケースもありますが、一般的には近隣かつ親族として身近な人を立てるように依頼をするものです。

入院から在宅へと戻る際の介護保険制度でもこの高齢者の身元保証は問題になり得ます。介護保険制度は生活保護受給者を除いて通常は利用者負担が発生しますが、万が一の時にその支払が出来る人を書面で伝えて欲しいと依頼をするのが一般的で、この場合もなるべく利用者の近親者で日ごろからやりとりがある人になるのが通例です。

近親者が存在しない場合などはそのまま対応をすることもありますが、事業所側からすると利用料の取りはぐれの可能性が生じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です